オレ様的夜ネタ

自分自身の勉強のつもりで書いています。

(番外編)終戦記念日

皇紀2673年)西暦1945年8月15日
所謂「玉音放送」(大東亜戦争終結詔書の放送)によって、ポツダム宣言の受諾を、天皇自らが国民に知らされた日。(終戦の日

この日が何の日か、何を意味するのかを知らない世代が増えつつある。これは大いに反省せねばならない。知らない事は誤った道を進むことになりかねないからだ。

あの戦争は我々に何を残したのか。何を失ったのか。
敗戦から71年目を迎え、我々は何を考え何を成すべきなのか。
先人は何を残したかったのか。何を守りたかったのか。

多くを考えるきっかけの日としていきたい。

戦は世界中で今でも行われている。
私にはそれを単純に「悪」と切り捨てる事はできない。またその説明もできない。しかし、事実を学び現実を見据えていきたい。