海洋立国論

安全保障・軍事について自分自身の勉強のつもりで書いています。

航空自衛隊【小松基地】に行ってきた

先日、小松基地へ行ってきました。

石川県小松市にある小松空港には、航空自衛隊小松基地があります。日本海側唯一の航空基地で、「対領空侵犯処置」という国籍不明機(まぁ中露)への対応を任務としています。 

そのため、沖縄を除くと唯一F-15戦闘機を装備した2つの飛行隊のほか、アグレッサーと呼ばれる「飛行教導隊」があります。
飛行教導隊は、熟練の搭乗員によって構成され、専技研究や飛行訓練指導などを行う舞台です。訓練では「敵役」を担いますので、識別のため通常のF-15とは異なる目立つカラーリングをしています。
(今回撮影した写真でもカラーリングの派手な機体はアグレッサーです。)

f:id:anzenhoshounobenkyou:20190306193155j:plain

F-15

全力で上昇するさまは、とても力強くあり、日々昼夜を問わずおこなわれる厳しい訓練と命がけの任務にただ感謝です。

近年、中国・ロシアの領空侵犯対応が極めて多くなっており、スクランブルが激増しています。
名機とは言え、飛行時間の増加で老朽化が進むF-15。更新を急がなければ、任務にも支障をきたすでしょうし、搭乗員の安全も確保できなくなります。

 

f:id:anzenhoshounobenkyou:20190306193258j:plain

上昇中



空港の前には「石川県立航空プラザ」があり、子供も楽しめるようになっていますし。往年の空自機の展示もあります。

私の訪問時には、幼稚園児が走り回っていました。(^◇^)

F-104JやT-2など懐かしがコクピット内まで見ることができます。

入館無料。飛行機も近くで見られますしお土産グッズもなかなかの品ぞろえ。


お勧めですよ。

 

因みに私の撮影技術(&カメラ)ではこれが限界でした・・・

2~3人スティンガーかよ!みたいなレンズで撮影している人もいましたが、いい写真撮るんでしょうねぇ。

しかし、F-15は頻繁に離陸&着陸してるんですが、その間に民間機の離発着が無かったのは残念でした。