海洋立国論

四方を海に囲まれて。

索(ケーブル・綱)取り扱い。

以前、DDH-182「いせ」の見学に行きました。

 

 その際に各種銘板等を注目していたのですが、「策具取扱安全守則」をご紹介。

 

 船乗りにとって索(綱やケーブル類)を扱う事は非常に多いでしょう。

 でも、物凄い張力がかかるものですから、事故が起これば即死亡事故に繋がりかねません。

 毎日の作業では「うっかりミス」が大事故に繋がる事もあるのでしょうから、普段の教育と共に、目につくところにしつこく表示しておくのは大事ですね。

でも、ちょっと読みづらいですね・・・

 

 

f:id:anzenhoshounobenkyou:20180801233630j:plain