オレ様的夜ネタ ~平和を守るために~

安全保障・軍事について自分自身の勉強のつもりで書いています。

北朝鮮のSLBM試射成功

今朝の報道で知った方も多いかと思いますが、北朝鮮が「潜水艦発射弾道ミサイル」を試射し成功した模様です。

日本の防空識別圏内を飛行し日本海に落下しました。

今回の北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBMと言います)について愚考してみました。

通常、SLBMは最初の一撃を食らっても核報復力を保持するために使います。
基地を攻撃され破壊されても、海に潜む潜水艦から核ミサイルを発射し報復するのです。

これを防ぐ手段は「潜水艦を探知し必要なら先制攻撃し沈める」ことに尽きます。

今回のSLBMは500キロを飛行したとのことですから、発射位置次第では東京に着弾させることも可能となった訳ですね。
また、日本海側の原発を狙えばかなりの被害を与えることができます。これは核による恫喝に使えます。

日米の潜水艦は北朝鮮の潜水艦の位置を常に補足していると考えられますが、攻撃される前に撃沈できるでしょうか

日本の潜水艦の前では北朝鮮の潜水艦は、赤子の手を捻るようなもの。能力的には何の問題もありません。

しかし現実は不可能です。「専守防衛」という不思議なお題目に縛られている以上、先制攻撃はできません。
海上警備行動では警察力に比例しますし、防衛出動でさえ先制攻撃はできません。
米国は情報提供と日米安保に基づいて協力はするでしょうが・・・

核ミサイル発射の兆候を掴み、国家安全保障会議(NSC)を招集、防衛出動が発令、ミサイルは我が国を指向していると確信できてようやく迎撃可能。しかし発射施設を攻撃できず、(基地攻撃能力は自衛隊にありません)ミサイルを落とすのみ。

また東シナ海で中国が活発に領海侵犯を繰り返すなどをおこなっており、潜水艦戦力は日本海側だけに振り向ける訳にはいきません。
絶対数が不足しています。

日本には非常時における交戦規定はありませんので、現場の判断で「これはミサイル発射の兆候だ!」となっても勝手に攻撃はできません。
その都度指示を仰ぐことになりますが、潜水艦は海中にいるためリアルタイムな通信は簡単にはできません。水面近くまで浮上し通信を行うか、通信ブイを使い通信します。

その前に発射されておしまいです。

現実はこのような状態と私は認識しています。

また現場の判断で攻撃した場合、指揮官や乗り組み員は刑法で裁かれかねません。
重要施設に攻撃があった場合に、自衛隊を急派し防衛に当たらせるとしても、非常事態宣言もできないので、戦車の移動すら道路交通法や車両運送法など法律に縛られ容易ではないでしょう。

自衛隊法の改正、交戦規程の整備、非常事態宣言可能な憲法整備など早急な法整備を期待したいところですが、政治家は党利党略。リベラル派は「人命第一」「護憲」に縛られ、結果として現実を直視しないまま国民を危険に晒しています。
保守派も解釈変更の繰り返しでその場しのぎ。自衛隊員のみならず国民の生命を一番軽視しているのはこの方々のように思えます。

以前にも書きましたが「能力と意志」が行動を決めるのです。能力を得つつある北朝鮮に確固たる意志が芽生えたら・・・

画像に含まれている可能性があるもの:立ってる(複数の人)、山、空、屋外、自然