読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレ様的夜ネタ

自分自身の勉強のつもりで書いています。

名前は大事

北朝鮮が騒がしくなっているせいで近頃ニュースでよく聞く、イマイチ意味が分からないという兵器をざっとひらっておきます。 ●巡航ミサイル原潜「ミシガン」 元は「戦略原潜オハイオ級2番艦」で、核弾道ミサイルを搭載し核報復能力の一翼を担っていました。…

抑止力の分類

「抑止力ガー!」と最近報道でよく耳にしますね。 では抑止とはどのようなものなのでしょうか。 大別して現在は3種類あるとされています。懲罰的抑止と拒否的抑止と報償的的抑止です。 懲罰的抑止とは、「やられたらやり返すぞ。戦争を始めたら受けて立つ。…

公開します。

今まではこのブログは「非公開」設定でした。 なぜか。 自身の考えを人に伝えるつもりで文字に纏めることで、間違いや知らないことなどが発見でき、次に活かせるのではないかと考えていたからです。 つまり「自己満足」の世界に置いていました。まさにテーマ…

北朝鮮情勢の今後

前回書いたものを含め「当面軍事行動はない」としましたがもう少し掘り下げておきます。 ・非戦闘員の退避を実施していない。これは最大の理由と考えています。 ソウルは38度線(休戦協定ライン)に近く、迎撃が困難なロケット弾、自走砲などの北朝鮮の火砲…

メディアに煽られないで!

まずは一言。北朝鮮とアメリカのニュースが賑やかですが 「メディアに煽られないようにしてください。」 最近報道された内容はおおよそ以下の通りです。 ・米第三艦隊所属・カールビンソン空母打撃群が日本海へ来た!と騒ぐ。 (理由1)横須賀を母港とする「…

大国の夢

中国はアメリカと2か国で世界のルールを作ろうとしています。 政府高官のそのような発言は過去に沢山あり、意志は明確であるのは確かです。オバマ前米大統領と習主席との会談でも 「太平洋は、中国とアメリカの二国が活動するのに、十分な広さがある」 名言…

戦い方を変えるNIFC-CA

以前にも概要を説明したことがありますが、前回・前々回との流れで再度取り上げようと思います。 イージス艦と呼ばれる戦闘艦があるのはご存知でしょうか。イージスシステムを搭載した艦艇を一般的にそう呼んでいます。そのシステムの中心となるのが「イージ…

新鋭機岩国配備

前回名前がでた「E-2D」と「F-35B」について説明しようと思います。 在日米軍・岩国基地(米海兵隊岩国航空基地)に新たに配備された機材として、 (1)早期警戒機E-2D・アドバンスドホークアイ (2)最新鋭ステルス戦闘機F-35B があります。 まずは「…

韓半島有事

まずは北朝鮮の現状をみてみましょう。 ・液体燃料を使ったミサイル中距離弾道弾「ムスダン」、西日本攻撃に「ノドン」、射程延伸型「スカッドER」など多様なミサイルを保有し同時発射も可能 ・固体燃料系の「北極星1型」「北極星2型」の発射試験もおこな…

楯と矛

北朝鮮がミサイルを4発同時発射したニュース映像はご覧になったと思います。 ミサイルはスカッドER(スカッドミサイルの改良型で射程延伸型です)とみられます。射程は1000km、高度は260kmとの発表もありました。 過去には3発同時はあったのですが、…

なぜ軍事を学ぶのか(番外編)

日本では軍事系の話はご法度というか、「危険人物」と思われがち。 でもね・・・ 軍事はお金かかるんですよ。税金をごっそり使うんです。 他国に比べてGDP比は低くても、そもそも分母がデカイんですから、金額もでかいんです。 軍事は基本的には再生産し…

2月12日の北朝鮮ミサイル発射に関しての考察

【防衛省発表2月12日ー第二報ー】 「北朝鮮は、本日7時55分頃、北朝鮮西岸の亀城(クソン)付近から、1発の弾道ミサイルを東方向に発射した模様です。発射された弾道ミサイルは、約500㎞飛翔し、北朝鮮東岸から東に約350㎞の日本海上に落下したも…

中国の海洋戦略

東シナ海、南シナ海での中国の独善的とも言える行動で「中国脅威論」が高まっていますが、中国の海洋戦略の目的は何なのでしょうか。国家には基本的には「生存本能」があり、それを脅かす存在には対抗しようとしますし、基本的には「性善説」に基づいた行動…

空母・遼寧

先般のニュースでご存知な方も多いと思いますが、中国海軍の空母である遼寧(りょうねい)が、東シナ海~台湾海峡を航行しました。 今回は台湾の総統が外遊中で、米政権の移行期であること、「なぜ一つの中国に縛られなければならないのか」のトランプ砲、こ…

オスプレイの事故について

沖縄でオスプレイが事故を起こしました。この件について情報が各所から出てきましたのでまずは墜落か不時着水かを整理してみましょう。 このネタはデリケートな部分を含んでいるので扱うかどうか迷いました。あくまで推測の域をでませんので。 しかし、まず…

中国軍用機と妨害弾

12月10日 中国軍用機が宮古海峡上空を飛行しました。防衛省資料によると、中国国防部は「中国空軍航空機が、宮古海峡空域を経て西太平洋における定例の遠海訓練に赴いたところ、日本自衛隊が2機のF-15戦闘機を出動させ、中国側航空機に対し、近距離での…

護衛艦の推進方式

護衛艦とはひとつの分類です。 自衛隊の運用するフネ全般は「自衛艦」と呼び、そのうちの戦闘に従事するものを「警備艦」、さらにそのうちの護衛艦と潜水艦を「機動艦艇」と呼びます。これら艦艇は夫々に適した推進方式を採用していますが、今回は護衛艦の推…

ガス田開発と尖閣諸島

アメリカの大統領選挙で盛り上がってたので、すっかり影に隠れていましたが、東シナ海の日中中間線付近で中国がガス田開発をさらに活発にしています。 一部報道もありましたし、官房長官の記者会見でも取り上げられていました。 中国のガス田開発の狙いはな…

F-35ロールアウト

先日最新鋭の機体であるF-35の日本向けの機体の初号機がロッキードマーチン社おいてロールアウトしました。これから順次42機導入します。 ではF-35とは何か?第五世代戦闘機と呼ばれる最新鋭の機体です。 戦闘機と言う呼び方はなじみ深いのですが、このF…

(番外編)「シン・ゴジラ」 ~ネタバレ注意~

人に勧められたことと、家内が観たいと言ったので先日「シン・ゴジラ」を観てきてんけど、まぁ映画はエンターティメントであるので、その感想としては、十分面白かった。 ゴジラの目が可愛くなっちゃったことと、昔と違いゴジラを絶対悪的な表現をしていた事…

ミサイル防衛はここまで進化している

米海軍が2016年9月13日に発表した資料です。参考URL http://www.navsea.navy.mil/Media/News/Article/942188/navy-conducts-first-live-fire-nifc-ca-test-with-f-35/ これによると・・・ かねてより研究を進めている「ニフカ」というシステムとステ…

北朝鮮の挑発と朝鮮半島有事

先日、日本のEEZ(排他的経済水域)に北朝鮮のミサイル(ノドンERか?)が撃ちこまれたことは周知の事実ですね。 最早看過できないレベルにきました。 同じ時刻に同じ場所へ三発とも着弾させています。 G20の最中に(しかも議長国は中国)撃つとは意外でし…

敵基地(策源地)攻撃論の非現実

ミサイル防衛に絡みいくつか書きましたが、ミサイル防衛では完全無欠のものは無いため、どうしても行きつく先は「敵基地攻撃」になります。 特に北朝鮮を想定した場合は、このオプションを検討する事になりますが、中国に対してはあまりの非現実性に防衛省で…

ミサイル解説

用語集的になりますが、ミサイルについての基礎的解説です。 ミサイルと一言で言っても種々あります。網羅的に説明を・・・ ※ミサイルのおおよそ一般的な基本構造(先端部から) シーカー(目標を探索するセンサー部)誘導システム・推進剤(燃料)・ロケッ…

北朝鮮のSLBM試射成功

今朝の報道で知った方も多いかと思いますが、北朝鮮が「潜水艦発射弾道ミサイル」を試射し成功した模様です。 日本の防空識別圏内を飛行し日本海に落下しました。 今回の北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBMと言います)について愚考してみました。 通…

(番外編)終戦記念日

(皇紀2673年)西暦1945年8月15日 所謂「玉音放送」(大東亜戦争終結ノ詔書の放送)によって、ポツダム宣言の受諾を、天皇自らが国民に知らされた日。(終戦の日) この日が何の日か、何を意味するのかを知らない世代が増えつつある。これは大いに反省せねば…

弾道ミサイル防衛

今回は弾道ミサイル防衛についてです。 北朝鮮が毎度毎度発射したせいで、名前くらいはご存知なはずの「弾道ミサイル」ですが、まず、弾道ミサイルとは何ぞや?から。 一言でいうと「ロケットの先端部に”核”などの弾頭部をくっつけて、最初の数分間をロケッ…

そうりゅう型潜水艦と武器輸出

我が国は「武器輸出」を解禁しました。 長らく国内でのみ製造し調達していましたが、現在の兵器の開発コストの高騰もあるうえ、現在主流になっている国際共同開発の流れや、武器輸出による安全保障関係の向上も見込めることで武器輸出を解禁し、装備の調達、…

現代の魚雷

「魚雷」(ぎょらい)名前くらいはご存知でしょうか。 正しくは「魚形水雷」と呼びます。 魚雷の歴史は古いのですが、日本はこの分野では先の戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)から現在まで最も高性能な魚雷を開発・運用し続けています。 魚雷の構造はざっ…

レーダー

知ってるようで知らないレーダーを今回は取り上げます。 レーダーの発達は凄まじいものがあります。 現代はレーダーの優劣が戦闘を左右するレベルです。 近年、護衛艦はじめ多くの軍艦が採用している最新のレーダーが「フェイズドアレイレーダー」と呼ばれる…

イージスBMD(弾道ミサイル防衛)とは何か

北朝鮮がロケットを発射するたびにニュースに出て来る言葉が「イージス艦」と「PAC-3」ですが、今回は海上自衛隊が受け持つ「イージスBMD」を取り上げます。 現在、我が国では弾道ミサイルによる攻撃を防ぐ手段として、「BMD」があり、これは弾道ミ…

大戦機の概要(番外編)

前回、「零戦」について少し触れました。 先の戦争での航空機で最も有名で開戦初頭には、搭乗員(パイロット)の高い技量も相まって、無敵を誇った高性能機でした。 しかしこのほかにも多くの航空機が生まれたのもこの時代です。現代では考えられない事です…

零式艦上戦闘機(番外編)

先ごろ、復元された「旧日本海軍・零式艦上戦闘機22型」が日本の空を飛びました。いわゆる「ゼロ戦(レイセンと呼ぶ場合も)」です。多くの日本人にとって最も有名な戦闘機かもしれませんが、今回は「ゼロ戦」を詳しくご存知ない方のためのオレ様的夜ネタに…

掃海艦というフネ

以前海上自衛隊は「哨戒」と「掃海」に特化した「軍」であると書きました。「哨戒」については種々書きましたので、今回は「掃海」についてです。 「掃海」とは、艦艇や航空機により「機雷」を除去することを言います。 まずみなさんは「機雷」をご存知でし…

早期警戒機という飛行機

飛行機は現代では非常に重要な戦力です。しかし先の戦争の頃と異なり運用方法は全くと言っていいほど異なります。 例えば戦闘機に関して言うと、零戦に象徴されるように、過去は「空中戦」を行いました。「格闘戦」や「一撃離脱」などの戦法も、結局は目視に…

対潜哨戒任務

MRJにからめて海上自衛隊対潜哨戒機Pー1について前回概要を書きましたが、今回もその続きです。ではP-1は潜水艦をどう探すのか?そして・・・です。 対潜哨戒機の任務は潜水艦ハンターですが、見つけたい「哨戒機」対 見つけられてはいけない「潜水艦…

MRJさん、お先に失礼。

先日、MRJ(ミツビシリージョナルジェット)が初飛行し話題をさらいました。日の丸の翼の復活だ!と。美しい機体ですが実はそれよりもちょっと前に。。。 海上自衛隊には対潜哨戒機(潜水艦を探すのを主な任務とする航空機)があります。現用の防衛装備品…

なんだかなぁ・・・韓国(番外編)

ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版【コラム】中・日と対峙する韓国、生存懸けて原潜建造計画を推進せよ 楊相勲(ヤン・サンフン)論説主幹 (前略:乗艦記)(中略:回想) 偶然にも韓国海軍が観艦式を行った数日前、日本の海上自衛隊も観艦式を行っていた…

せきりゅう

せきりゅう」 最近ペースの悪いオレ様的夜ネタ。 今回は・・・大好きな潜水艦。 11月2日 川崎重工にて平成24年度建造の最新鋭・そうりゅう型8番艦潜水艦「SS-508」が進水し「せきりゅう」と命名されました。(排水量2950トン・水中排水量4200トン・全…

他に方法は無いのか

自国の安全を確立する方法は「集団的自衛権」の行使以外にも色々あるはずです。 勇ましい方々は「核武装すべき」や「自衛隊を強化し個別的自衛権で対応すべき」と言う声も聞きます。逆には「憲法9条に従い丸腰になるべき」や「個別的自衛権のみ(従来通り)…

自衛隊の不都合な現実

安保関連法案について世間では賑やか。 神学論争してる人はほっとく。戦争法案と名前を勝手に書き換える人もほっとく。感情論の人もほっとく。事実のみを考える。(今回は中国を想定) 自衛隊の基本戦略は「専守防衛」です。 専守防衛とは、日本(自衛隊)だ…

24DDH(24年度護衛艦)DDH-184「かが」進水

本日、24DDH(24年度護衛艦)が進水しました。 命名式も行われDDH-184「かが」と命名されました。 本艦はこれより装備品の取り付けなど(艤装)が行われ、試験(公試)・訓練を経て、平成29年に配備される予定です。 先に配備されている「DDH-183いずも…

話バラバラ字はビッチリ(番外編)

NASAの1/10の予算なのにJAXAにはイプシロンやH-2B、ハヤブサ、かぐやとかSLIM、こうのとりの技術があって原発運用して核燃料もつくれるしそうりゅう型は外国が欲しがる高性能なのに、核ミサイルや原潜などで武装しようとしないいい国です。 核は威嚇と恫喝…

現代の零戦 F-2戦闘機

以前対潜哨戒機P-3Cや救難飛行艇US-2に触れました。いつかP-1やE2-C なども取り上げたいと思いますが、今回はF-2戦闘機(マルチロール機)です。(A型=単座B型=複座があります) ワシは個人的に好きな機体ですが、先の震災で松島基地が津波被害をうけ駐機中…

空母というフネ

今回は航空母艦(空母)についてです。 潜水艦や航空機に関しては色々書いてきましたが、意外と空母はあまり書いてなかった気がするんですが・・・ 空母ってどういうイメージで一般の人は捉えられてるのか良く分からないですね。 知らないって人向けに書くと…

世界の車窓から(番外編)

ヨーロッパのお国事情(途中から大阪弁仕様) 我が国の安全保障についてどんな形であれ議論があるのは良い事だとか思います。議論もしないのが一番怖い。 それはさておき・・・よその国はどうでしょうか? ま、米中露は後回しにして・・・ ヨーロッパは一体…

ドローンで変わる戦争

首相官邸で「ドローン」が見つかったと大騒ぎ。 はっきり言うと「想定内」の出来事。警備態勢がなっていないけどねぇ。 ドローンは無人機。 ま、本来は軍用(偵察用)に開発されてきた技術を民生用に使ったものなんで。 でも、軍事の先端では・・・ 写真は開…

DDH-183「いずも」就役

先ごろ就役(引き渡し・護衛艦旗授与)したヘリコプター搭載護衛艦 DDH-183 いずも 退役した「しらね」の代替ですが、時代に合わせた運用を図るため、艦体は全く異なっています。 全通甲板(所謂空母の形状)を採用した護衛艦。前級の「ひゅうが」「いせ」に…

最強の攻撃兵器は何?

【核兵器(弾道核ミサイル)】 確かに弾道核ミサイルは現状では破壊力の点で最強です。 でも、国家間の戦争では、まず使用されません。 以前にも書いた相互確証破壊戦略が有効な国同士は使えません。 そうでなくても、現在の核は自国にとっても莫大な被害を…

潜水艦を抑止する

以前、潜水艦の抑止力に関連するネタを書きました。今回は「潜水艦を抑止する」です。 潜水艦は現在最強の兵器と言っても過言ではありません。原潜については特にそうです。 このことは過去に書きましたので詳しくは述べません。 では、潜水艦は手が付けられ…